ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 公共施設 > 若狭国吉城歴史資料館 > 令和5年度 若狭国吉城歴史資料館 春季企画展開催のお知らせ

本文

令和5年度 若狭国吉城歴史資料館 春季企画展開催のお知らせ

記事ID:0008966 更新日:2023年4月21日更新 印刷ページ表示

春季企画展のご案内春季企画展のご案内

『どうした家康!?~なぜ美浜に来た!~ 

 元亀元年(1570)、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康ら後の3人の天下人が初めて力を合わせて戦った越前朝倉攻めは、信長の妹婿・浅井長政の裏切りで撤退を余儀なくされました。この時の撤退戦を「金ヶ崎の退き口」といいますが、これが信長にとって最大の危機であったこと、また秀吉が殿として活躍したことはよく知られています。一方で家康も戦場で窮地に陥っていたこと、撤退時に国吉城や現在の美浜町域が重視されていたことはあまり注目されていませんでした。

 しかし、令和2年の大河ドラマ『麒麟がくる』に登場したことで国吉城が世間から注目されるきっかけとなりました。また、現在放映中の『どうする家康』においても「国吉城」の名や「丹生」「黒濱」など美浜町域に残る地名が登場したことから、ますます全国から国吉城や美浜町域に対する関心が高まることが期待されます。

 本展では、史料調査の成果をもとに金ヶ崎の退き口に関する新説と美浜町内に残る家康伝承に関してご紹介します。

ご案内

期間 令和5年4月22日(土曜日)~令和5年7月23日(日曜日)
時間

午前9時~午後5時

※入館は閉館の30分前まで

場所 若狭国吉城歴史資料館
料金

一般100円  小人50円

※身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、就学前の幼児は無料

※団体割引は20名以上

休館日

毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)・休日の翌日

※ただし、5月6日(土曜日)は開館します。

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


手続き申請ナビ

見つからないときは

キーワード検索

検索対象

記事ID検索

※記事IDは、各ページ上部に記載されている7桁の番号です。

おすすめページ

移住・定住情報 新型コロナ ワクチン接種 応援クルー 職員採用